コンデンサーチューニングユニットを製作してみよう!

カー用品店等で購入出来るホットイナズマなるチューニングパーツがあります。

これは、元祖様のHPによると、『蓄電機能により、高出力時など電圧が変化する際に、各電装品に掛かる負荷とロスを軽減し、安定作動させる。

つまり車輌の持つ潜在能力を引き出すことを可能にするチューニングパーツです。』

しかし、Web上では情報が氾濫し賛否両論なところもあります。それに1万円を超える高価な商品です。

 

その蓄電機能とは、いわゆるコンデンサーに電気を蓄電させる事を指しているようです。

だったらコンデンサーを調達してくれば自作出来るのでは? また、コンデンサーチューニング装置を自作してWeb上でも公開している

輩もいるようですし、オークションではかなりの数で類似品が出回っています。

しかも、類似品では『ホットイナズマの○.○倍!』とか、元祖様よりもグレードアップ?して出品されている物もあります。

 

そこでクルエリのお友達で自作でコンデンサーチューニングをやってみようかなと、色々パーツを物色して製作途中のお方がいらしたので、

便乗して購入パーツを教えて頂き、私も結果はどうあれ格安な自作で類似品が出来るのであればと、怪しい飲みオフの前に

秋葉原電気街にて電子工作部品を物色して製作してみる事にしました。

 

用意する物

各種コンデンサー、 ケース、 ユニバーサル基盤、 ゴムブッシュ、 ヒューズBOX、 3Aヒューズ、 アーシングケーブル、 丸端子

 

 まずは電子工作部品を買いあさりました。

 秋葉原電気街でまっちゃんに材料を

 教えてもらい、こんだけ購入〜。

 

 使用コンデンサーは、

 6800μF+3300μF+2200μF+1000μF+470μF

 の105℃耐温度、25V耐圧タイプです。

 

 このコンデンサーの容量の違いにより、走行速度の

 低速域、中速域、高速域に効果を表すそうです。

 真意の程は???謎です。(;^_^A

 

 しか〜し、元祖様は4700μF+470μFなので

 私のは何と27540μFなので5.32倍です!

 基盤に各種コンデンサーを配列します。

 各コンデンサーは並列繋ぎにします。

 配列が決まったところではんだ付けします。

 

 基盤の裏はこんな感じです。

 はんだ盛りの中にはFケーブルが仕込んで

 あります。電気が良く流れるってのが狙いですが、

 それで効果が上がるかは不明です。

 配線図です。

 W並列回路とでも言うんでしょうか。

 ケースに9mmの孔を開けてブッシュを装着します。

 ブッシュの裏はこんな感じ。

 

 このブッシュの孔にアーシングケーブルを通します。

 後はアーシングケーブルを丸端子に圧着すれば

 完成です。

 

 作業は、ちょっとしたはんだ付けが出来る人なら

 簡単に出来ます。

 

 非常〜に簡単な図画工作で出来ました。

 製作時間は2hぐらい〜(∩.∩)

 ケースの底蓋をネジ止めしたら、お手軽簡単仕様で

 エアクリーナー上部に両面テープで貼り付けました。

 

 その後はバッテリーの+と−のターミナルに繋げる

 だけです。

 

 取付後記

 ・燃費の向上? 特に変化無しです。
 ・アクセルOFFで回転数があまり下がらなくなりましたが、これってエンブレが効かなくなったって事なんでしょうか?
 ・2000回転から2500回転で、ググッと前に押し出してくれる様な気がしないでもない感じがしました。

 ・エンジン音が静かになった気がします。

 コンデンサーの容量は何を使うかとか数を何個付けるかとか、じっくりテストするともっといい効果が現れるかもしれませんね。

 と、言ったところでどうなんだろ〜??  数値的なデータを取りたいところでもあります。  (爆